記事一覧

自衛隊に「証拠開示」迫る!!3月18日

池田裁判ニュース6号です!!
3月18日  自衛隊に国家賠償責任あり!
池田さん国賠裁判で、新潟救難隊時代に行われた暴行事件で
池田さんにたいする隊内のいじめが始まっていたことを示すのが、「警務隊に関する記録」です。
18日の「弁論準備手続き」において、この記録(関係者の供述や調書)を自衛隊に提出を求めました。
任意に提出しない場合に備え、裁判所の提出命令も請求しました。
 同時に、池田さんの国家公務員災害補償法に基づく「障害等級決定」に関わる文書も、すみ消し部分の開示を
求めました。これも任意に提出されない場合に備え、文書提出命令を裁判所に求めています。
 次回期日は5月24日 15:00 ですが、まだ公開の法廷ではありませんので、傍聴はできません。
 ここでの焦点は、被告=自衛隊側が原告が請求している証拠物の開示要求にどう回答するか、ということになります。
 原告側は、どちらの文書も池田さんの受けた後遺障害の程度や、障害を抱えた池田さんに退職を迫るパワハラが加えられて
いたことを示す重要証拠だと考えています。
 証拠開示を迫る!!自衛隊がこれらの証拠を隠蔽することは、自らの非を認めるに等しいのですが、
弁護団・池田さんと一体で「ともに闘う会」も全力で証拠開示を迫っていきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント