記事一覧

池田自衛隊裁判をともに闘おう!ヒロシマで訴え!

20160806.jpg
ナガサキからかけつけた城台さん(2年前のナガサキ被爆者代表アピールで、集団的自衛権容認の安倍を糾弾した人です)
ナガサキ平和宣言から、加害、侵略、謝罪などの言葉を消すように検閲が入った。
オバマの式典参加も、核独占を正義と開き直るものだった。
核廃絶を誰かにお願いするのではなく、資本家の利益のための核戦争を
なくすために行動しましょう。労働者階級の団結の拡大こそ、その希望です。

東海合同労組
ヒロシマ大行動・青年交流集会
では東海合同労組の青年がアピールしました
私は、安保法案に反対する集会で全学連の訴えに感動し、東海地方でもっとも闘う組合である
東海合同労組に加入しました。これに対して懲戒解雇の攻撃を加えてきたのが共産党でした。
この攻撃は、東海合同労組の団体交渉要求一発で完全に撤回させました。

戦争をとめる力が、ゼネストや国際連帯にあることを一言も語らない共産党や「野党共闘」
自衛戦争に賛成、当面安保反対は棚上げ、では目の前の改憲や戦争と闘える訳がありません。
ストライキをやって11月労働者集会へ!!この力が戦争も改憲もストップさせる力です。

「非正規職が横行する社会は、すでに資本家のための戦争が国内で始まっている。資本家の利益と結びついた国家が戦争を起こす。兵士が労働者のストライキと国際連帯に合流するとき、未来は変えることができる。池田自衛隊裁判のなかで、労働者と兵士の団結を拡大し、その時代の始まりにしよう}
これが東海合同労組の非和解の団結の拡大です!!
ともに闘いましょう!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント