記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PKO即時撤退・朝鮮戦争阻止へ!

PKO即時撤退・戦争絶対阻止・改憲と労働法制解体阻止、池田自衛隊裁判はひとつBy master on 2016年11月6日
労働者兵士委員会「ライズ」11月労働者集会特別号よりアピールを一部抜粋して掲載します。

南スーダンPKO 即時 撤退せよ!
池田自衛隊裁判をともに闘おう!
国境・民族を超えた国際連帯でプロレタリア革命へ!

수단 PKO 측시 철퇴하라!
이케다 자위대 재판을 함계 싸우자!
구경-민족을 넘은 국제연대로 프롤레타리아 혁명으로!

PKO in the South Sudan, withdraw at once!
Fight together with Mr. IKEDA (soldier of the Self-Defense Forces) in the trial!  Victory of a Proletarian Revolution through international solidarity over borders and nationalities!

PKO部隊とは 侵略戦争の部隊

国連安保理は8月12日、国連南スーダン派遣団(UNMISS)の任期を12月15日まで延長する決議を採択した。延長は繰り返される。決議は米帝が提案し、ジュバで国連要員や民間人、空港などの「施設防護」を担う4000人規模のアフリカ部隊の追加派遣を承認。任務遂行のための武器使用権限が付与された。「防護部隊」はUNMISSの一部として派遣され、任務遂行は「必要なあらゆる手段を行使」し、「攻撃が企図されていると信頼できる情報」があると判断すれば、「先制攻撃」を認め、可能としている。要するに内戦下の南スーダンPKOが政府軍とも戦う侵略戦争の部隊であることが突き出されている。

南スーダンは内戦状態 陸自宿営地の100メートル先で、政府軍と反政府勢力が銃撃戦

(1)南スーダンの内戦は激化している。10月8~15日の1週間だけでも政府軍と反政府軍の戦闘で60人が死亡。政府軍兵士11人と民間人28人が死亡、反政府軍も21人が死亡している。7月7~8日、ジュバの戦闘で死者が272人、内民間人が33人。8~13日にかけても政府軍11人、民間人28人、反対勢力マシャール派21人の計60人が死亡している(ロイター通信)。戦闘はその後も激化。10日の戦闘はジュバ南西部のジェル地区。陸自PKO派遣部隊約350人の駐屯地から約5キロの地点。10月14日夜、反政府勢力が政府軍の施設を攻撃。陸自宿営地から600メートルだ。

(2)7月の戦闘では、陸自宿営地の隣のビルで2日間にわたる銃撃戦が起きている。9月16日政府軍報道官が共同通信に現場を公開した。銃撃戦は7月10~11日、宿営地からわずか100メートル隣の建設中の7階建てビル5階に立て籠ったマシャール派20人と政府軍が銃撃戦を展開し、政府軍2人が死亡。5階からは、陸自PKO部隊の宿営地全体が見渡せる。反対勢力の軍事目標は、宿営地近くの「ジュバ空港の占拠」(報道官)。陸自PKO部隊は宿営地内に立て籠り、その後も宿営地から出られず、ストレスを抱える隊員が増えている。PKO部隊に参加している英・独の隊員が安全確保のために負傷した中国(二名が死亡)とエチオピアの隊員や外交官とともにジュバから撤退している。
安倍は内戦激化の南スーダンから陸自部隊をなぜ撤退させないのか。朝鮮戦争の切迫情勢と世界核戦争情勢下、自衛隊を戦争ができる軍隊、人を殺し、殺し殺される軍隊に変質させ、日米韓一体で韓国のゼネスト革命を圧殺する朝鮮戦争に突入するためである。改憲と戦争に突進する安倍政権を打倒しよう!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。