記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国・自衛隊が、あらためて違法行為を全面否定!(7月7日、準備書面8)

国・自衛隊準備書面(8)、すべての賠償責任を否定!
 7月7日、イラク派兵で負傷しその後のパワハラ・退職強要と闘う池田元3等空曹が自衛隊による違法行為に対する賠償を求めている国賠裁判において、被告・国は、名古屋地裁民事第8部に準備書面(8)を提出しました。
 この書面での反論によると、 「公務災害の認定手続きには違法と評価される点はなく」(実施細則に基づいて適法に認定された)また、「不当に認定を遅らせた事実もない」と、すべての安全配慮義務違反を否定するとともに、「損害賠償責任は存在しない」と全面的に開き直る姿勢を示してきました。

 

7月20日 午前10時 弁論準備手続き  名古屋地裁
次回の弁論準備手続きは、7月20日、午前10時から行われます。終了後、弁護団から進行について報告を行っていただく予定です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。