記事一覧

2018i池田自衛隊裁判勝利の年に!

2018@闘春
改憲と戦争の安倍倒せ!国際連帯とゼネストの実現へ、兵士と労働者の怒りを一つに!

組織ぐるみのパワハラを証明する「警務隊記録」文書提出命令-名古屋地裁が決定を先延ばし 
 12月18日、名古屋地裁での弁論準備手続きの報告です。被告・国側から12月11日付けで準備書面(11)が提出されたことを受け、次回期日までに原告側からこれへの反論書面を出すことになりました。裁判所からは、「警務隊記録」を調べるかどうかについての判断を先送りし、争点整理を先にすすめたい旨の方向性が示されました。
 次回期日は、2月16日午後1時30分からとなります。

戦争と改憲、民営化と労働法制
改悪に反対する大行動 in 名古屋

 10月22日名古屋市教育館(栄)において、昨年10月集会以降の池田自衛隊裁判の公判再開にむけた弁論準備を、国賠裁判弁護団の増本弁護士から詳しくお聞きしました。
  イラク派兵で負傷した怪我の後遺症で体力も落ち、精神的にも不安定になっていた池田さんは、2011年6月末、隊内で暴行され負傷します。弁護団は、暴行事件を含め一連の行為が組織的に行われたパワーハラスメントであり、「警務隊記録」はその重要な証拠にあたるとして、裁判所にあらためて文書提出命令を求める闘いに入ったとの報告がありました。
 
新年のあいさつ/(原告池田さん)

 年末には交通事故にあって、裁判にも参加できませんでしたが、いろんな裁判つぶしをはねかえした力で、この一年、裁判の山場をしっかり迎えることができました。
できました。自衛隊の責任のがれや事件の隠蔽を許さず、弁護団と一体でこれからも闘いぬいていきますので、是非、裁判への参加をお願いします。



次回 弁論準備手続き★ ★ ☆ ★ ★ ★ ★ ☆ ☆ ★ ☆ ★★
2月16日(金)午後1時30~
 名古屋地裁 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント