記事一覧

国・自衛隊が、あらためて違法行為を全面否定!(7月7日、準備書面8)

国・自衛隊準備書面(8)、すべての賠償責任を否定! 7月7日、イラク派兵で負傷しその後のパワハラ・退職強要と闘う池田元3等空曹が自衛隊による違法行為に対する賠償を求めている国賠裁判において、被告・国は、名古屋地裁民事第8部に準備書面(8)を提出しました。 この書面での反論によると、 「公務災害の認定手続きには違法と評価される点はなく」(実施細則に基づいて適法に認定された)また、「不当に認定を遅らせ...

続きを読む

池田自衛隊裁判をともに闘う会、沖縄県民大会に参加(5月14日)

池田自衛隊裁判をともに闘う会は、5月14日名護市瀬嵩(せだけ)の浜で開催された、「復帰45周年5・15平和と暮らしを守る県民大会」に全国青年労働者交流集会実行委員会の仲間とともに参加しました。・ IJBS労組の富田晋委員長が辺野古闘争の歴史をパネルを使って振り返りながら、「基地の見返りとされた振興策が沖縄の青年たちを非正規職に突き落とした。一方で辺野古の新基地は、既設の演習場と宿舎と合体して、ディ...

続きを読む

弁護団 準備書面(11)を提出 4月24日 名古屋地裁

PTSDとうつ病も自衛隊の責任だ!イラクへ兵で負傷し、その後の自衛隊によるパワハラ、退職強要と闘う、池田自衛隊国賠裁判の弁論準備手続きが本日名古屋地裁で開催されました。今回、弁護団が提出した主張の骨子です。「原告は、本件事故(イラク派兵中に米軍関係車両によって追突された)を原因としてPTSDを発症し、事故後の自衛隊の違法行為ないし、安全配慮義務違反によりうつ病を併発し、・・・さらにこの症状は持続し...

続きを読む

名古屋高裁による抗告棄却を弾劾し、特別抗告「警務隊記録」の文書提出命令を求めてきた裁判で、名古屋高裁は原告の訴えを棄却してきました。このため、弁護団は最高裁に特別抗告しています。国賠裁判の次回期日のお知らせ池田さん、国賠裁判の次回期日は、4月24日午前11時、名古屋地裁となります。弁論準備手続きのため、訴訟進行協議と書面の確認が、三者間で行われるものですが、公判廷ではありませんので、傍聴はまだでき...

続きを読む

、証拠の隠蔽ゆるさず、パワハラ・退職強要を徹底追及しよう!

「警務隊記録」提出命令、最高裁に特別抗告へ証拠の隠蔽ゆるさず、パワハラ・退職強要を徹底追及しよう! 池田さんの国賠裁判で「警務隊記録」提出命令をめぐって、名古屋高裁もこれを認めない決定をしました。池田さんを邪魔者扱いしパワハラが始まっていて、その表れが暴行事件だったわけです。これを現場で当時の上官が「お前が悪い」と決め付けたことに池田さんは対決して警務隊を呼んだわけです。ここで、池田さんが被害者だ...

続きを読む